« お肌がこすれ過ぎないようにしてください | トップページ | 押しに弱い人は自宅まで業者に出張してもらう形よりも »

2018年4月19日 (木)

看護職員の方が別な仕事場を検討するとして

看護職員の方が別な仕事場を検討するとして。転職をするのが看護師の場合であっても、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。そうは言っても、頑張って看護師の資格を取ることができたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。全然異なった職種だとしても、有利となる職場は非常に多いです。一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、有効に使わないのは損をしますね。


看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊であり、就職先によっても違います。

現場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれている場合が多いでしょう。

2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。

でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。

実際、看護師が転職する理由は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。女ばかりの仕事ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。

人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする動機となってしまう人もいます。つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、体調不良になりやすいですので、早いうちに転職した方が吉です。


他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが志願の根拠です。どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好印象となるように示すのはそう単純なものではありません。高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますがそうした好待遇にフォーカスするより、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、前向きな理由付けの方が好まれ、採用に結びつきやすいと思います。

看護師の勤務しているところといえば、病院だと思うのが普通でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の務めです。

また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。


看護専門職が職場を移る根拠としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。

前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、否定的な事由だったりすると、わざわざ株を下げることになります。実態としてはその通りだったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、建設的にキャリアを積もうとしているということを言えるように準備しておきましょう。

« お肌がこすれ過ぎないようにしてください | トップページ | 押しに弱い人は自宅まで業者に出張してもらう形よりも »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1942465/73333871

この記事へのトラックバック一覧です: 看護職員の方が別な仕事場を検討するとして:

« お肌がこすれ過ぎないようにしてください | トップページ | 押しに弱い人は自宅まで業者に出張してもらう形よりも »